ニューズレター

ニューズレター2017年度発行

2018年 春号 No.90
 ・<春の学校:開催記> 春の学校を終えて(近藤 鮎子)
 ・<春の学校:参加記> 大学院が始まる前に(吉田 望)
 ・<第4回 医療行動分析学研究会:開催記>「医療行動分析学研究会」アルバム第3頁(飛田 伊都子)
 ・<第4回 医療行動分析学研究会:参加記>(畔柳 信吾)
 ・<第1回 公益社団法人日本心理学会産業行動分析学研究会:開催記>>ヒューマンエラーの削減と安全行動の強化を目指して(北條 理恵子)
 ・<連載:こんな職場て゛働いています(5)> 労働者の安全と健康を守る -労働安全衛生総合研究所における研究紹介 その2(北條 理恵子)
 ・編集後記(ニューズレター編集部)

2018年 冬号 No.89
 ・第1回若手研究者口頭発表セッション最優秀発表賞について(行動分析学会若手会)
 ・第1回若手研究者口頭発表セッション最優秀賞を受賞して(福田 実奈)
 ・学会企画シンポジウム開催記:「日本におけるスクールワイドPBS(ポジティブな行動支援):その広がりと今後の課題」(大久保 賢一)
 ・パリABAI体験記:こっちの大会もいいぞ(折原 友尊)
 ・こんな職場で働いています(4):「労働者の安全と健康を守る」-労働安全衛生総合研究所における研究紹介(北條 理恵子)
 ・自著を語る:『子どもの視点でポジティブに考える 問題行動解決支援ハンドブック』(三田地 真実)
 ・2018年度「日本在住学生会員のABAI/SQAB参加に対する助成事業」(渉外委員会)
 ・編集後記(ニューズレター編集部)

2017年 秋号 No.88
 ・日本行動分析学会第35回年次大会を開催して(鶴巻 正子)
 ・日本行動分析学会第36回年次大会のご挨拶(武藤 崇)
 ・大会企画シンポジウムを開催して(高橋 純一)
 ・特別講演 Generating syntactic repertoires: Syntheses of Stimulus Sequences, Equivalence Classes, and Contextual Control.について(菅佐原 洋)
 ・日本の療育・保育・教育におけるABA活用の課題と挑戦(川野 綾乃)
 ・研究倫理に関する最近の動向− 医療領域における研究倫理指針の動向から学ぶ−開催記(島田 茂樹)
 ・発達臨床の現場からの報告〜子ども、保護者、スタッフ、教育への支援〜(小笠原 忍)
 ・「医療・産業の安全に資する行動分析学」 開催記(北條 理恵子)
 ・【医療・産業の安全管理に資する行動分析学】を開催して(畔柳 信吾)
 ・「刺激等価生と見本合わせ 基礎・臨床・教育の三位一体での展開へ」参加記(村井 佳比子)
 ・はじめての国際学会:ABAI & SQAB体験記(畑 佑美)
 ・「日本行動分析学会若手会」の発足ならびに活動内容のご報告(丹野 貴行)
 ・第 1 回若手研究者口頭発表セッション@コラッセふくしま(吉岡 昌子)
 ・編集後記(ニューズレター編集部)

2017年 夏号 No.87
 ・医療行動分析学研究会開催記: 「医療行動分析学研究会」アルバム第2頁 (飛田 伊都子)
 ・ABAI / SQAB 2017 体験記: SQAB 40th Annual Meetingに参加して (片山 綾)
 ・Rで始める一事例の実験デザイン参加記(2) (小幡 知史)
 ・『行動分析学研究』の一般公開について(中島 定彦)
 ・編集後記(ニューズレター編集部)

2017年 春号 No.86
 ・日本行動分析学会第35回年次大会のご挨拶 (鶴巻 正子)
 ・自主公開講座報告:「福祉の現場で活かす行動分析学
  〜今、現場で起こっている問題を 行動科学から考える〜」 (渡辺 修宏)
 ・公開シンポジウム開催記:「公開シンポジウム“衝動性”の諸相」開催記(八賀 洋介)
 ・Rで始める一事例の実験デザイン参加記:「新たな分析への招待」(遠山 矢緒人)
 ・連載:いま、こんな研究会しています(10)「多職種連携の勉強会『サックル』の紹介
  ―勉強会を立ち上げて行動分析学を取り入れるまで―」(藤原 誉久)
 ・自著を語り、近況を語る:『奥田健次の出張カウンセリング 自閉症の家族支援物語』他(奥田 健次)
 ・2017年度「日本在住学生会員のABAI/SQAB参加に対する助成事業」
  渉外委員会 日本行動分析学会の会員の方へ(理事長 坂上 貴之)
 ・編集後記(ニューズレター編集部)



Top Page